popmylife

スウィートでポップでラヴに満ちた日常。のはずがほとんどネタと焼酎。


喜六


喜六【きろく】 ※写真のように「喜」は略字体表記(七が3つ)
黒木本店(宮崎県高鍋町)
25度
芋(コガネセンガン)
黒麹(米)

◆ひさしぶりの焼酎レビュー。
◆この酒は「きろく」というが、
この酒を造る蔵は「くろき」である。
→と←の関係。
まあ、どうでもいい話ですけど。
◆燗をつけていただいた。
旨い。すばらしい。
◆精度の高い狙撃手のような、ムダのない味。
「甘い」「旨い」だけが的確にノドを撃つ。
◆黒麹仕込みの酒を燗にすると、
特有の苦みが立つことが多い気がする。
(旨い酒はその「苦み」がプラス要素になっているんだけど)
が、この酒はそういう「黒麹らしさ」を全く感じさせない。
◆「狙撃」という言葉を使ってしまったので、
なんだかハードボイルドで鋭い味を思わせてしまったかもしれないが、
味は極めてやわらかいのである。
◆やわらかい弾で撃たれているような…
ますます意味が分かりません!
| 焼酎 | comments(0) | trackbacks(0)
森伊蔵


森伊蔵【もりいぞう】
森伊蔵酒造(鹿児島県垂水市)
25度
芋(コガネセンガン)
白麹(米)

◆生と燗でいただく。
とにかく、味が「確か」である。
なんというか、酒が「味がありますよ〜」と訴えかけてくるような。←ひどいな
◆深いというよりはクリアで、爽やかさすら感じる。
雑味が少なくて、鮮明だからだろう。
しかし味の密度が濃い。「確か」である。
◆言葉が堂々巡りしている気がするが、とても美味い酒である。
生でも燗でも美味かったが、燗ならば八幡千代吉旭萬年白麹(ただし記事はロックでいただいた感想)など、
もっと「芋焼酎」を呑むことの幸せを感じさせてくれる酒がある。
というわけで、クリアかつ濃厚な味わいを楽しめる生がおすすめ。
| 焼酎 | comments(0) | trackbacks(0)
「黒糖焼酎は奄美でしか造れない」の法的根拠
 「黒糖焼酎は奄美でしか造れない」というのは、簡単な焼酎本にも必ず掲載されているマメ知識です。これ、何が根拠になっているのか、ずっと気になっていました。
 ネットで調べると、「酒税法でそう決められている」っていうのがほとんどです。まあ、一般的にはそれでいいんですが、少し厳密性を欠いていると思ったので、ここではっきりさせておきましょう。

(1)酒税法上は、芋焼酎も黒糖焼酎も麦焼酎も米焼酎も、すべて「しょうちゅう乙類」
 ここが出発点です。つまり、「○○焼酎」という名称は、酒税法上のものでは(ひいては、いかなる法令上のものでも)ありません。
 まず、第3条5号が、「『しょうちゅう』とは、アルコール含有物を蒸留した酒類……で、アルコール分が四十五度以下……のものをいう。」と定めています。そして、第4条は、「蒸留の方法が連続式蒸留機によるしょうちゅう」を「しょうちゅう甲類」と定め、それ以外のすべてのしょうちゅうを「しょうちゅう乙類」とします。
 この定義に従うと、芋焼酎も黒糖焼酎も麦焼酎も米焼酎も、そして泡盛まで、「しょうちゅう乙類」に分類されることになります。
 ただし、ここで一つ留意しなければならない点があります。それは、

(2)含糖質物(=砂糖など)で造られた蒸留酒はしょうちゅうと見なされない
 先ほどの第3条5号の「……」で省略した部分に、実は「次に掲げるものを除く」という規定があるのです。そして、同号のハには「含糖質物(政令で定める砂糖を除く。)を原料の全部又は一部としたもので、そのアルコール含有物の蒸留の際の留出時のアルコール分が九十五度未満のもの」とあります。なんだか小難しい書きぶりですが、これに従うと、含糖質物=黒糖を原料とした蒸留酒である黒糖焼酎は、酒税法上の「しょうちゅう乙類」ではなく、「スピリッツ類」に分類されることになってしまいます。
 ちなみに、しょうちゅうの税率は、第22条3項(1)にある通り、アルコール分が25度以上26度未満のものは、1klあたり248,100円(多くの黒糖焼酎は30度で出荷されており、同項(2)の規定に従って計算すると297,720円)となります。一方、同条8項の規定によれば、スピリッツ類でアルコール分が38度未満のものは367,188円。しょうちゅうの方が圧倒的に税金が安い。当然黒糖焼酎の生産者としては、それがスピリッツ類よりはしょうちゅうとされた方が都合がよいということになります。
 ともあれ、先述したように、黒糖焼酎と一般的に呼ばれているものは、第3条5号ハの規定にもかかわらず、「スピリッツ類」ではなく、「しょうちゅう乙類」の扱いを受けています。なぜか。

(3)第3条5号ハの「(政令で定める砂糖を除く。)」が黒糖のことである
 ということなのです。ここで言う「政令」とは、酒税法施行令(昭37政97)のことですが、その第4条2項には、「政令で定める砂糖」とは「分みつをしない砂糖……のうち、さとうきび、さとうもろこし又はとうもろこしの搾汁を煮沸濃縮し、加工しないで冷却して製造した砂糖……で、その糖度……が九十度以下のものとする」という規定があるわけです。どうもこの規定によると、黒糖は「政令で定める砂糖」となるようなのです。というわけで、

(4)黒糖焼酎は、酒税法第3条5号ハが定める「しょうちゅう」でない蒸留酒の例外と見なされ、めでたく「しょうちゅう」として扱われる
 ということになるわけです。めでたしめでたし。
 …じゃありませんね。お気づきかと思います。ここまでの話では「黒糖焼酎が酒税法上のしょうちゅうと見なされる法的根拠」しか語られておらず、「黒糖焼酎は奄美でしか造れない」ということを何ら説明していないわけです。そこに出てくるのが、

(5)酒税法及び酒類行政関係法令等解釈通達(国税庁長官発、平成11年6月25日)
 ということになります。
 この通達の第二編「酒税法関係」の第3条「しょうちゅうの定義」の7号は、以下のようになっています。
「含糖質物から除かれる砂糖をしょうちゅう乙類の原料として使用する場合の取扱い
 法第3条第5号ハに規定する含糖質物から除かれる砂糖をしょうちゅう乙類の原料として使用することは、大島税務署(鹿児島県)の管轄区域内において製造する場合で、当該砂糖と米こうじとを併用するときに限り認める。」
 ようやく決着がつきました。「黒糖焼酎は奄美でしか造れない」の法的根拠は、よく言われているように酒税法の本体ではなく、1)大島税務署(鹿児島県)の管轄区域内において、2)黒糖と米麹を使って造られる酒を、酒税法上のしょうちゅうと見なすという、酒税法の解釈通達にあるということなのです。
| 焼酎 | comments(3) | trackbacks(0)
長いため息
島乃泉【しまのいずみ】
四元酒造(鹿児島県中種子町)
25度
芋(シロサツマ)
白麹(米)

燗で。
はぁー・・・・・・・・・・・・・・・・・・
芋焼酎ってほんとに美味いなあ・・・
なんか、芋の種類とか、麹の種類とか、蔵の場所とか、
そんなの、どうでもいいや。
美味いんだから・・・

自己否定。
| 焼酎 | comments(0) | trackbacks(0)
八木合名の酒を燗でいただく
◆ここ2週間ほど、八木さんの酒を燗で固め飲みした。
その結果、
千代吉>八千代伝(白)>悟空の眠蔵>八千代伝(黒)
という順位に。
偶然だと思うが、ロックで飲んだ場合の順位と真逆である。
千代吉八千代伝(白)についてはすでに書いたので、
残りの二つについて。
◆八千代伝(黒)。
ロックで飲んだ時にも薄く感じる、
そしてロックの場合にはこの酒の味を際立たせる特長であるはずの、
独特のクセ(どういうものなのかうまく言えないんだけど、一点だけ突出して感じる味がある)が、
燗をつけると、ビックリするくらいに前に出てきてしまう。
◆言い方は悪いが、ニキビが急に吹き出したような。
どんな美貌でも、目立つニキビがあれば、顔のバランスは崩れる。
そういう印象を受けた。
◆悟空の眠蔵。
千代吉と似たような味わい。
なのだが、味が散らかっている感じがする。
ダイレクトに旨みが届いてこない。
加えて、苦みがかなり気になる。
特に高い温度帯では、相当しんどいくらいの苦みを感じた。
(この高温での苦みの強調具合も、実は千代吉と似ている気はする)

◆ところが、
こちらの記事によると、お蔵さん自身が、
「白麹の八千代伝と千代吉はロックで飲んでください。黒麹はぜひお湯割りにしてください」
とおっしゃっていたとのこと。
言わずもがな、私の好みと驚くほど正反対です(笑
ま、こればっかりはしゃーないな。
| 焼酎 | comments(0) | trackbacks(0)
八千代伝


八千代伝【やちよでん】
八木合名会社(鹿児島県垂水市)
25度
芋(コガネセンガン)
白麹・黄麹(米)

◆完全に八木びいきですね。
それくらい旨いですよ、八木さんの酒は。
多分5年10年20年しても飲み続けてるでしょう。
◆燗をつけていただく。
うまい。
千代吉の燗とはまた違った、しみじみとしたうまさ。
味わいの要素のうち、何かがとりたてて突出するわけでもなく、
静かに舌を包んで、そのままのどの奥へ消えていく。
◆「凪」というのが真っ先に浮かんだ言葉。
凪いだ海のようだ。
◆それにしても、
3ヶ月くらい前に燗をつけて飲んだときと、全然印象が違う。
それが自分で読み返してみても面白い。

◆そういえば、こないだ高校以来の親友に子供が生まれて、会いに行ってきたんだけど、
誕生祝いは何がいい?とあらかじめ聞いたら、
「少し大きくなってから遊べるものがいい」ということだったので、
少し大きくなったら楽しめる、この酒の四合瓶を持って行った(笑
20年後の八千代伝、心の底から楽しみだ。
| 焼酎 | comments(0) | trackbacks(0)
千代吉


千代吉【ちよきち】
八木合名会社(鹿児島県垂水市)
25度
芋(コガネセンガン)
黒麹・黄麹(米)

◆八木さんの酒をロックでいただいた場合、
八千代伝(黒)>悟空の眠蔵>八千代伝(白)>千代吉>八千代伝(新酒無濾過)
という順位がつけられつつあった。
◆そこで、燗をつけていただく(前割3日)。
パンパカパーーーーン!
◆きました。
美味いです。すばらしいです。
◆すでに燗をつける前の前割冷をいただいた段階で唸る。
芳醇な香りと、濃厚な甘さ。
思わずそのまま腰に手を当てて飲み干しそうになるが、
ぐっとこらえて燗をつける。
◆結果は、前述したとおりである。
ロックでいただいた時に感じていた「物足りなさ」が、
温めたことで一気に開花した甘みで完全にふさがれ、
もともとこの酒が持っているのであろうビターさを活かし、絡み合う。
燗をつけた八幡と同じような、芋焼酎をいただくことの幸せが凝縮された味である。
(相違点は、八幡の方がより芋香が強烈であることか)
◆ひとつだけ。
温めすぎない方がいい。
あまり高い温度だと、苦みが強く出てしまう気がした。
| 焼酎 | comments(0) | trackbacks(0)
ボトルデザインの愉しみ
◆たまには味以外の話を。
◆焼酎というと、無愛想な茶色の規格瓶に入っているイメージがある。
事実、ほとんどの酒はそうである。
◆しかし、特に原酒(※1)や初留取り(※2)の酒の中には、
見ているだけも楽しくなってしまうくらい、
ボトルや箱のデザインに趣向を凝らしたものがある。
◆自分の手持ちから、二本載せてみた。



刀【かたな】
佐多宗二商店(鹿児島県頴娃町)
44度
芋(ベニサツマ)
白麹(米)
初留取り

◆一本目は、佐多宗二商店の「刀」。
シャープで洗練されたデザインである。
まず何よりボトルの形がユニーク。
注ぎ口が瓶の中心からずれたところにある。
二重張りされた和紙のラベルに、踊るような字で「刀」と書かれている。
(その横には金の文字で「KATANA」とも。)
さらに、写真では切れてしまっているが、ふたはコルクである。
開栓の度に小気味よい音を奏で、飲み手の気分を高めてくれる。



喚火萬膳 黄麹【かんかまんぜん きこうじ】
万膳酒造(鹿児島県霧島町)
43度
芋(コガネセンガン)
黄麹(米[ヒノヒカリ])
初留取り

◆二本目は、万膳酒造の「喚火萬膳 黄麹」。
これも、なんとも美しい。
携帯電話のカメラではうまく写せないのだが、
ボトルの青色は、上から下に向けてグラデーションで濃くなっている。
この色合いの絶妙さ。しばし眺め入ってしまう。
(見たことはないが、同じ喚火萬膳でも黒麹は緑色のボトルを使用しているようだ。)

ボトルにうかぶ「喚火萬膳」の文字は、とある陶芸家の手によるものだという。

さらに、卒業証書入れのような筒状の箱も凝っている。

◆ちなみに。
◆佐多宗二商店は、「刀」以外にもcangoxina【かんごしな】という初留取りの酒を出している。
こちらも、刀ほどとまではいかないが、シンプルで洒落たデザインになっている。
◆万膳酒造は(いずれも僕は直接お目に掛かったことはないが)、
上に触れた「喚火萬膳 黒麹」以外では、流鶯【るおう】という原酒を出している。
これもまた、ゆるやかな曲線を描くボトルが秀逸で、銘は同じ陶芸家による。
(流鶯にも黒麹と黄麹があり、瓶の色はやはり緑と青のようだ。)

◆いずれ、「ラベルデザインの愉しみ」もやろうと思ってます。

※1 割水をしないで出荷される酒。当然アルコール度数は30度台中盤くらいとやや高めになる。念のために説明しておくと、焼酎というのはたいてい、もろみを蒸留して取った原酒を水で割って、アルコール度数を25度にして出荷している。
※2 蒸留を始めて最初の方に出てきた原酒のこと。初垂(ハナタレ)とも言う。この部分だけを取ると、アルコール度数は60度以上になるため、出荷される製品は40度台まで割水されている。ちなみに日本の酒税法上、「しょうちゅう乙類」はアルコール度数45度未満の酒を言う(なお、45度以上になると、「原料用アルコール」!)。
| 焼酎 | comments(4) | trackbacks(0)
悟空の眠蔵

(写真使い回し)

悟空の眠蔵【ごくうのねぐら】
八木合名会社(鹿児島県垂水市)
25度
芋(クリコガネ)
米麹

◆ロックでいただく。
自分にはすっかり馴染みになった八木さんの酒の味わい。
しかし、幾分か精彩を欠くように感じられる。
思っていた以上に甘みが広がってこない。
その代わりに、軽いアルコール臭がやたらと気になる。
◆思うに、毎回この酒を口にする前に、異様に期待が高まってしまうのである。
想像の中で描きあげられた「究極の酒」の味に、
本物の味がついて来られないというところがあるのかもしれない。
◆しかし。
もちろんそれだけで終わるならここにこうして載せはしないわけで、
ある程度氷が溶けてくると、この酒は「究極」の味を見せてくれるのである。
この時だったら、1合か2合くらいなら一気にがぶ飲みできるのではないか、
いや、がぶ飲みしてしまいたいと思わせる。
◆この「究極ゾーン」が、どれくらいの濃さになっている時なのかを、
もう少し追究してみたい。
その濃さがわかったら、ロックでなく前割り冷で飲んでもよさそうだ。
あるいは、燗をつけたらどのような顔を見せてくれるのだろう。
楽しみは尽きない。
| 焼酎 | comments(0) | trackbacks(0)
八幡


八幡【はちまん】
高良酒造(鹿児島県川辺町)
25度

白麹(米)

◆燗をつけていただく前に、
割水していたものを温めずにいただく。
立ち上がる強靱な芋香。
ロックでいただいた時には、あまり感じなかった。
やはり、ロックという飲み方で失われてしまうものが確かにある。
◆で、燗をつけてからいただく。
当然、温める前でも確かに感受できたあの香りは、
さらに逞しさを増し、口の中一杯に広がる。
◆どっしりとしていて、なんとも強い。
大昔の三冠馬シンザンを評して「ナタの切れ味」と言ったそうだが、
この酒も、鋭く切れる刃物というよりは、
ナタのような、やや広い表面で叩き斬るような印象を受ける。
◆味は、例の逞しさを伴った甘さがまず広がり、
若干ピリッとした刺激と辛さを残して切れる。
◆とにかく終始明確な味わいで、「ごまかし」がまるで見えない。
こちらも戦い抜く気で飲まなければ、圧倒される。
◆少なくとも燗をつけてしまったら、気楽にだらだらと飲める酒ではない。
が、芋焼酎を飲んでいるという幸福をこれほどはっきり味わえる酒はそうないかもしれない。
| 焼酎 | comments(0) | trackbacks(0)
カレンダ
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
エントリ
カテゴリ
ツキゴト
コメント
トラックバック
リンク
プロファイル