popmylife

スウィートでポップでラヴに満ちた日常。のはずがほとんどネタと焼酎。


<< 【閉幕宣言】ワールド杯の瞬間2010 | トップペイジ | リアルタイム那覇出張報告2011(第2日) >>
リアルタイム那覇出張報告2011(第1日)
さあさあ!全国数名の「出張レポート」ファンの皆様!とうとう帰ってきましたよ。1年半ぶりの沖縄です。

 朝、昨日調べておいた時間にしたがって外出。駅に行くと、「車両点検のため遅延」。………。この時間は、普通にいってもけっこうギリギリなのだ。嫌な予感がする。そして案の定、のろのろと前に進まぬ電車。時間ばかりが過ぎる。乗り換えのたび、走る。そして、空港に着いたのは、出発予定時刻の10分前。なんとか通してくれるだろう、と思ったのが甘かった。グランドのお姉さんにあっさり「乗れません」と言われる。人生初の飛行機乗り遅れ。しかし、ぶじ、次の便に振り替えてもらえることに。すっかり懲りた。これからは出発の200時間前くらいには空港に着くようにしよう。やりすぎ。それにしても、本数の多い那覇便で、しかも閑散期で、本当によかった。稚内便なんかだったら、夜まで待つか、もしかしたら、また明日、だろう。まあ、稚内便なんかはクマしか乗ってないからいいんだろうけど。←たった今、稚内市長より抗議状が届きました
 飛行機は若い子達が多かった。大学生の春休みの旅行だろう。見たところ、女子だけのグループが多いようだが、中には男女混合の性的に乱れたグループも。←想像膨らましすぎ やるせない気分になったので、フン、そうやって今のうちに、せいぜい若さを謳歌しておくんだな!と心の中で悪態をついてみた。屈折する32歳の冬である。しかも飛行機に乗り遅れる32歳である。二重苦。実年齢より3つも若い。そのこころは、32なのに29(にじゅうく)!
 ありがたいことに、飛行機は平穏無事に飛んだ。途中少しだけ揺れたが、あとは止まってるんじゃないかと思うほど安定していた。昔一目惚れ活動を行ったことのある女の子(愛称:ドラえもん)にそっくりなCAがいて、チラチラ見てしまった。もう十年以上前の話だから、ドラえもんも、もう30くらいになってるんだろうなあ、などと考えて、しみじみしてしまった。そしてまた周囲の若者に心の中で悪態をついた。←言いがかりに近い 言いがかりのバチが当たったのか、降下が始まると耳と頭が痛くなってくる。最近なってなかったので、慌てる。しばらく耐えていたら、「キュ、キュゥウウー」という音がして、すっと痛みが消えた。自動的に耳抜きが行われたらしい。人体の不思議展。
 飛行機は14;25に那覇空港に着陸。一目散に空港を出て、14:40のモノレールに乗り、仕事先Aへ。前回来た時も使わせてもらった史料をまた使わせてもらう。が、担当者は変わっており、頭ツンツン・Tシャツ一丁(つまり下はスッポンポン←ウソ)の私の登場にギョッとする一同。人は見た目が九分九厘。つまり九割一厘は見た目じゃない。あれ、何の話してたっけ? いや、しかし皆さん(気を取り直して)親切にしてくださいました。だが、史料は、残念ながら空振り気味。それでも2時間半ほど集中して、17:30に終了。帰りがけ、駅でモノレールを待っていたら、突如雨がドバーーッ! そしてものの10分で何事もなかったように晴れた。正確に言うと、ドバーーッ!の時も向こうの空は晴れていた。さすが亜熱帯。
 ホテルにチェックインして、すぐにいつもの食堂へ晩飯を食べに行く。なんと、バイキング形式に変わっていた。いろいろなものを好きなだけ食べられるのは嬉しいが、いかんせん、作りたてでなく、生ぬるいおかず。ううん…。残念だけど、これまでのように毎日通うような店ではなくなったな。
 スーパーで酒(泡盛と本搾り4本)、つまみ(じゃがりこ2ヶ)、入浴剤(4ヶ)、明日の昼食のメロンパン、さんぴん茶(2本)を豪快に買って帰テル。熱めの風呂に入ったらクタクタ。酒呑んで、新聞読んで、本読んでたら、いつのまにか沈没していた。あらためて23:00前にきっちり入眠。
| できごと | comments(0) | -
コメント
コメント スル









カレンダ
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
エントリ
カテゴリ
ツキゴト
コメント
トラックバック
リンク
プロファイル