popmylife

スウィートでポップでラヴに満ちた日常。のはずがほとんどネタと焼酎。


<< マウス、その野生の本能 | トップペイジ | 20000000000007年を振り返る >>
旭萬年無濾過/旭萬年無濾過大地の夢
★ひさしぶりの焼酎ネタです。
ひさしぶりに書きたい気持ちにさせられた酒です。
美味いです。芋焼酎を呑んでいる、という幸せがある酒。



右:
旭萬年無濾過【あさひまんねんむろか】
渡邊酒造場(宮崎県宮崎市[旧田野町])
28度
芋(コガネセンガン)
黒麹(米)

左:
旭萬年無濾過大地の夢【あさひまんねんむろかだいちのゆめ】
渡邊酒造場(宮崎県宮崎市[旧田野町])
28度
芋(ダイチノユメ)
黒麹(米)

旭萬年を醸す蔵元の、年1回、冬季限定で出荷される無濾過の酒と、その「芋違いの兄弟」(ダイチノユメという芋を使用。無濾過の方はコガネセンガン)。昨年はなんだかんだで買いそびれてしまったのだが、今年はぶじ2本とも買うことができた。

★生(ストレート)で飲み比べてみる。「無濾過」は、通常の旭萬年に通じる、どっしりとしていて、芳しい芋香。「大地の夢」は、それにくらべるとトーンが高く、爽やかで清浄な香り。
★味も、香りの印象とほぼ平行する。「無濾過」は逞しくて幅の広い、焦げたような甘みがひろがるのに対して、「大地の夢」は、どちらかといえば線的で、すっきりと洗練された甘みである。
★しかし面白いのは、これらの味が引いていった後に広がる、あえて言うなら<甘さ控えめの栗きんとん>のような後味が、両者に共通しているということ。芋種が違うだけであとの造りは全く同じ「兄弟」。外見は違っていても、やっぱり似ているところがあるのだろう。

★双方、湯割りでもいただいてみた。
★「無濾過」、とにかく凄かった。この酒の個性なのであろう(生で呑んだ時にも薄く感じられていた)香ばしさが、前面に立ち上がる。美味い。楽しい。素晴らしい。というわけで、「無濾過」は圧倒的に湯割り/燗付けが良い。
★「大地の夢」、こちらは面白かった。温めることで、香りや香ばしさなど、「無濾過」との共通点が強調されるようになった。だが、甘みはそれほど拡がらない。むしろ、生で呑むよりも収縮してしまった印象。というわけで、「大地の夢」は今のところ、生がよい。冷やして呑んでもいいかもしれない。
| 焼酎 | comments(0) | -
コメント
コメント スル









カレンダ
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
エントリ
カテゴリ
ツキゴト
コメント
トラックバック
リンク
プロファイル