popmylife

スウィートでポップでラヴに満ちた日常。のはずがほとんどネタと焼酎。


<< 醤油に溶け出していく脂が、秋の方角を示す | トップペイジ | 去りかけの夏に背筋を凍らせてやる >>
20070823:菴(千歳烏山)
◇いろいろな気分が積もり積もったので、定時に退社して酒を飲みに行く。
◇烏山の「菴」。月に二度は行ってしまう。
うちの近くにあったら月に二十度くらい行ってしまうのではないかとも思う。

○1杯目○
八千代伝(黒)【やちよでん】
八木酒造(鹿児島県垂水市)
25度
芋(コガネセンガン)
米麹(黒)

ロックでいただく。
家にストックがなくなってから、久しぶり。
家にある八木酒造の限定酒(熟柿・悟空の眠蔵・黄色い椿)ばかり飲んでいたからか、
香りに物足りなさを感じる。
味はコクと甘味が確かで、やっぱり美味い。

○2杯目○
須木乃露【すきのつゆ】
すき酒造(宮崎県小林市[旧須木村])
25度
芋(コガネセンガン)
米麹

湯割りでいただく。
やわらかい酒質だが、トーンは高め。どっしりとはしていない。
淡い甘口。

○3杯目○
とちあかね
白相酒造(栃木県那珂川町[旧小川町])
25度

米麹
花酵母(ツルバラ)

ロックでいただく。
香りが、はっきりとバナナ。
萬膳庵は、何の匂いかなあ、あ、バナナだ。だが、
この酒は、かいだ瞬間にバナナ。
香りがあまりに鮮烈で味のことをあまり覚えていない。
少なくとも辛い感じではなかった。

○4杯目○
古の千鶴【いにしえのちづる】
神酒造(鹿児島県出水市[旧高尾野町])
25度
芋(コガネセンガン)
米麹(黒)

最初は生で、そのあとロックでいただく。
これは美味かった。
最近新しく飲んだ酒の中では一、二を争うくらい好きだ。
常温の生で飲んでも、アルコールの強さに隠れず、酒の味の輪郭がはっきり立ち上がる。
主張が明確で、行論もがっちり構築された、出来のいい論文のようだと思った。
一体何にたとえてるんだ俺様は。

うちに帰って
○5杯目○
御酒【うさき】
瑞泉酒造(沖縄県那覇市)
30度
泡盛
米麹(戦前黒麹)

ロックでいただく。
この酒にはいろいろなストーリーがあるのだが、
すでに5杯目の私にとってはただの「美味い泡盛」に過ぎない。
ちなみに「戦前黒麹」ってのは、東京帝国大学のとある研究者が
戦前に沖縄で採取して、真空保存していた黒麹菌。


◇いくら何があろうと、5杯は飲みすぎだ。
反省。
| 焼酎 | comments(4) | -
コメント
それでまぁすっきりしたならいいでわないか。
あー、私も5杯くらい飲み干したい。。。

飲めないヤマモ
| タイ | 2007/08/27 10:41 PM |
「飲めないタイちゃん」って、大学時代だったら完全な形容矛盾だったのにね。一度5杯飲み干しちゃったら?壁が崩壊するかもよ。
| sjo k. | 2007/08/27 10:45 PM |
ほんとだよ。ありえなかった。
時代は進むのだ。退化(タイ化)しててやだ。

壁が崩壊、破壊ではなく・・・なにか微妙なニュアンスを感じる・・・(--;
| タイ | 2007/08/28 11:04 PM |
ずばり、近いうちに崩壊させましょう。
| sjo k. | 2007/08/29 9:40 AM |
コメント スル









カレンダ
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
エントリ
カテゴリ
ツキゴト
コメント
トラックバック
リンク
プロファイル