popmylife

スウィートでポップでラヴに満ちた日常。のはずがほとんどネタと焼酎。


<< 豪放磊落 | トップペイジ | 放たれた3発の銃弾 >>
レストランのメニュー、色々な手法でつっこんで
私が今、最も注目しているのがこのレストランである。
というより、このレストランのメニューである。

○「秋の味覚、ヨーロッパ産きのこのテリーヌとそのスフレ」
 →「その」の作り出す味わい。

○「クレーム・ド・ポワソンと芝海老のタルトに色々な魚介をのせ、契約農園の有機野菜サラダと共に」
 →長い!あと「色々な魚介」という雑駁さ。

○「勢子(せこ)蟹を色々な料理手法で、ロシア産オショトラキャビア添え」
 →女も色々。

○「茸のパウダーを入れた木の葉型パスタと地鶏と茸のフリカッセと共に」
 →結局、何と「共に」なっているのかわからない。

○「ラ・ブランシュ、白いデセール、レモングラスのアイスクリームやマカロン、ブラマンジェなどを一皿に組み合わせて」
 →たぶん皿からはみ出している。


メニューは毎月変わる。つっこめる。目が離せない。
| ネタ | comments(5) | -
コメント
おひさでーす☆
このレストラン、
某N重ちゃんの結婚式やったとこだよね^^
懐かしい♪
| rino | 2006/11/08 10:24 PM |
「アイスバインのポルト酒煮と豚ポーのカラメリゼ、サヴァラン生地載せ」
が気になる。
豚ポー?

でも木こり風とシェフの気まぐれが無いのが残念。
| 某ウエノ | 2006/11/09 1:29 AM |
「たぶん皿からはみ出している」

ぶはっ!灰皿の灰が吹き飛んだ。どうしてくれよう。

全部のメニューに「でございます」を付けて
紳士風に読んでみた。

おかし過ぎて今後フランス料理屋に行けないではないか。
どうしてくれよう。
| Tちゃん | 2006/11/09 1:31 AM |
フランス料理屋なのに名前が「寺子屋」ってとこにぐっと来た。

「新米コシヒカリとポワローのポタージュ、一口お米のサラダ添え」
一口お米って、どんなサイズなのだろうか。
「お米の一口サラダ」の意か?もしかして。
| たまきち | 2006/11/09 1:44 AM |
>りの
そうです。
結婚おめでとう。←今更

>ンエノ
「アイスバイン」って必殺技みたいだね。
久しぶりに言ったな。必殺技。

>T
どうにかしてくれよう。

>たまき
オーストラリアではまだ米は一口サイズのことが多いんだね。最近、ジパングでは食べ応えを重視した大きなサイズの米が主流になりつつあります。それを、あえて昔ながらの一口サイズ米を使うところにシェフのこだわりがあるのでしょう。
| sjo k. | 2006/11/09 9:47 AM |
コメント スル









カレンダ
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
エントリ
カテゴリ
ツキゴト
コメント
トラックバック
リンク
プロファイル