popmylife

スウィートでポップでラヴに満ちた日常。のはずがほとんどネタと焼酎。


<< めぐられる色と形、ロスコの | トップペイジ | レストランのメニュー、色々な手法でつっこんで >>
豪放磊落


豪放磊落【ごうほうらいらく】
東酒造(鹿児島県鹿児島市)
芋(コガネセンガン)
白麹(米)
25度

◆私が好む萬膳【まんぜん】のあの香りの秘訣が
木樽蒸留という造りにあるのだと知って以来、
あちこちで木樽蒸留の酒を探していた。
◆が、そもそも今、木樽蒸留で造る酒って、あまりないらしい。
その希少性からか、見つけた酒はプライスがハイヤー。
白金酒造の石蔵【いしくら】。四号瓶で2100円。
小正酒造の極上蔵の師魂【ごくじょうくらのしこん】。四号瓶で3150円。
いくらなんでも簡単に手を出す気にはなれない。
(普通、3000円出せば、大抵の焼酎の一升瓶が買えます。
 さらに2000円足せば、私の本が買えます。←久しぶりの宣伝)
◆で、ようやく見つけたのがコレ。
四号瓶で1300円。一升瓶でも2500円。

◆ロックでいただく。
◆いかにも木樽蒸留的な、いい香り。
好きである。
◆味。
「豪放磊落」という名前とは結びつかない。
ふんわりとしていて、旨い。
少し氷が溶けてからの方が甘みが伸びてくる。

◆あっという間に4号瓶を空けてしまった。
これは大した酒である。
| 焼酎 | comments(3) | trackbacks(0)
コメント
プライスがハイヤー。
この言葉が好き。

豪放磊落飲んでないうちになくなっちゃったの。。。?
| nattz | 2006/11/02 9:39 AM |
ピースな愛のバイブスでポジティブな感じで…古いか。

なくなったけどまた買います。
| sjo k. | 2006/11/02 6:47 PM |
Keep up in keeping the art and also the origins of movement living the nice work men! It’s important that we go using the occasions and recognize how advancement enables and advances, but also we know how we got there!
| 13" | 2017/07/31 10:28 AM |
コメント スル









トラックバックURL
http://blog.sjok.cutegirl.jp/trackback/599299
トラックバック
カレンダ
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
エントリ
カテゴリ
ツキゴト
コメント
トラックバック
リンク
プロファイル