popmylife

スウィートでポップでラヴに満ちた日常。のはずがほとんどネタと焼酎。


<< anan最新号より | トップペイジ | 刀 >>
さつま・黒さつま


右:さつま
佐藤酒造(鹿児島県牧園町→霧島市)
25度
芋(コガネセンガン)
白麹(米)

左:黒さつま【くろさつま】
佐藤酒造(鹿児島県牧園町→霧島市)
25度
芋(コガネセンガン)
黒麹(米)

◆佐藤酒造のいわゆるレギュラー酒。
白麹仕込みのものと黒麹仕込みのものを飲み比べてみた。
◆まずは両方とも生でいただく。
香りがいいのは圧倒的に黒だ。
黒のほうが、立体的に広がっていく印象。
◆口に含む。
白は平凡だが優しい味。突出しているのは甘み。
黒のほうは独特の焦げた感じと、引き際の苦みが印象的。
◆氷を一かけずつ入れてみても、印象は変わらない。
強いて言えば、溶けてくるにしたがって、
白のほうは甘みは増してくるのだがやや力強さが足りない印象になり、
黒のほうは引き際の苦みが緩和されてとっつきやすくなる。
◆味の訴求力で言えば、圧倒的に黒だ。
たとえが適切かどうか分からないが、「やんちゃ坊主」。
◆でも、好きなのは、白。
上でも言ったけど、平凡な優しさにひかれる。
毎日でも飲める種類の酒は、間違いなくこちらである。
◆昨冬はどちらも温めて飲んでいたはずだが、
残念なことに記憶が薄れている。
確か、白のほうは「インパクトに欠けるなあ」と思っていたような気がする。
黒のほうは正直ほとんど覚えていない。
◆言い方は悪いかもしれないが、この「さつま」という銘柄、
白・黒ともに、いたって平凡な酒である。
だからこそ私は、その中でもより平凡に旨い白のほうが好きなのだろう。

◆ところで、これは私の味覚が優れていないだけかもしれないが、
白麹の味の特徴、黒麹の味の特徴、
なんていうのはそんなにはっきりでるものじゃないと思うし、
ましてや何点かに絞って、白はこんな感じ、黒はこんな感じ、
などと言うことはできないんじゃないかと考えている。
(◆これは余談の部類に入るが、だから私は、
 「これは黒麹仕込みなのでロックでおいしいですよ」と薦める酒屋を信用しない。)
◆が、今回さつまの白黒を飲み比べてみて、
もしかしたら、これが教科書に載るような、
一般的かつ分かりやすい「白と黒の違い」なのかもしれない、と思った。

◆ただ、すくなくとも八千代伝のは、今回感じた「白と黒の違い」では全く説明できなくて、
やっぱり、白と黒の違いはそんなに簡単なもんではない、という思いは変わらない。
◆ちなみに、八千代伝・黒は近いうちにレビューし直す予定。
| 焼酎 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメント スル









トラックバックURL
http://blog.sjok.cutegirl.jp/trackback/522952
トラックバック
カレンダ
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
エントリ
カテゴリ
ツキゴト
コメント
トラックバック
リンク
プロファイル