popmylife

スウィートでポップでラヴに満ちた日常。のはずがほとんどネタと焼酎。


<< HG | トップペイジ | うちの母親のはなし >>
「黒糖焼酎は奄美でしか造れない」の法的根拠
 「黒糖焼酎は奄美でしか造れない」というのは、簡単な焼酎本にも必ず掲載されているマメ知識です。これ、何が根拠になっているのか、ずっと気になっていました。
 ネットで調べると、「酒税法でそう決められている」っていうのがほとんどです。まあ、一般的にはそれでいいんですが、少し厳密性を欠いていると思ったので、ここではっきりさせておきましょう。

(1)酒税法上は、芋焼酎も黒糖焼酎も麦焼酎も米焼酎も、すべて「しょうちゅう乙類」
 ここが出発点です。つまり、「○○焼酎」という名称は、酒税法上のものでは(ひいては、いかなる法令上のものでも)ありません。
 まず、第3条5号が、「『しょうちゅう』とは、アルコール含有物を蒸留した酒類……で、アルコール分が四十五度以下……のものをいう。」と定めています。そして、第4条は、「蒸留の方法が連続式蒸留機によるしょうちゅう」を「しょうちゅう甲類」と定め、それ以外のすべてのしょうちゅうを「しょうちゅう乙類」とします。
 この定義に従うと、芋焼酎も黒糖焼酎も麦焼酎も米焼酎も、そして泡盛まで、「しょうちゅう乙類」に分類されることになります。
 ただし、ここで一つ留意しなければならない点があります。それは、

(2)含糖質物(=砂糖など)で造られた蒸留酒はしょうちゅうと見なされない
 先ほどの第3条5号の「……」で省略した部分に、実は「次に掲げるものを除く」という規定があるのです。そして、同号のハには「含糖質物(政令で定める砂糖を除く。)を原料の全部又は一部としたもので、そのアルコール含有物の蒸留の際の留出時のアルコール分が九十五度未満のもの」とあります。なんだか小難しい書きぶりですが、これに従うと、含糖質物=黒糖を原料とした蒸留酒である黒糖焼酎は、酒税法上の「しょうちゅう乙類」ではなく、「スピリッツ類」に分類されることになってしまいます。
 ちなみに、しょうちゅうの税率は、第22条3項(1)にある通り、アルコール分が25度以上26度未満のものは、1klあたり248,100円(多くの黒糖焼酎は30度で出荷されており、同項(2)の規定に従って計算すると297,720円)となります。一方、同条8項の規定によれば、スピリッツ類でアルコール分が38度未満のものは367,188円。しょうちゅうの方が圧倒的に税金が安い。当然黒糖焼酎の生産者としては、それがスピリッツ類よりはしょうちゅうとされた方が都合がよいということになります。
 ともあれ、先述したように、黒糖焼酎と一般的に呼ばれているものは、第3条5号ハの規定にもかかわらず、「スピリッツ類」ではなく、「しょうちゅう乙類」の扱いを受けています。なぜか。

(3)第3条5号ハの「(政令で定める砂糖を除く。)」が黒糖のことである
 ということなのです。ここで言う「政令」とは、酒税法施行令(昭37政97)のことですが、その第4条2項には、「政令で定める砂糖」とは「分みつをしない砂糖……のうち、さとうきび、さとうもろこし又はとうもろこしの搾汁を煮沸濃縮し、加工しないで冷却して製造した砂糖……で、その糖度……が九十度以下のものとする」という規定があるわけです。どうもこの規定によると、黒糖は「政令で定める砂糖」となるようなのです。というわけで、

(4)黒糖焼酎は、酒税法第3条5号ハが定める「しょうちゅう」でない蒸留酒の例外と見なされ、めでたく「しょうちゅう」として扱われる
 ということになるわけです。めでたしめでたし。
 …じゃありませんね。お気づきかと思います。ここまでの話では「黒糖焼酎が酒税法上のしょうちゅうと見なされる法的根拠」しか語られておらず、「黒糖焼酎は奄美でしか造れない」ということを何ら説明していないわけです。そこに出てくるのが、

(5)酒税法及び酒類行政関係法令等解釈通達(国税庁長官発、平成11年6月25日)
 ということになります。
 この通達の第二編「酒税法関係」の第3条「しょうちゅうの定義」の7号は、以下のようになっています。
「含糖質物から除かれる砂糖をしょうちゅう乙類の原料として使用する場合の取扱い
 法第3条第5号ハに規定する含糖質物から除かれる砂糖をしょうちゅう乙類の原料として使用することは、大島税務署(鹿児島県)の管轄区域内において製造する場合で、当該砂糖と米こうじとを併用するときに限り認める。」
 ようやく決着がつきました。「黒糖焼酎は奄美でしか造れない」の法的根拠は、よく言われているように酒税法の本体ではなく、1)大島税務署(鹿児島県)の管轄区域内において、2)黒糖と米麹を使って造られる酒を、酒税法上のしょうちゅうと見なすという、酒税法の解釈通達にあるということなのです。
| 焼酎 | comments(3) | trackbacks(0)
コメント
 しょうちゅう、ってひらがなで書かれるとなんかカワイイ。
| なると | 2005/10/10 12:40 AM |
まあ、ひらがなはたいていのものをかわいくしてしまいますね。
 ごうせいまやく
とか
 ばらばらさつじん
とか
 やすおかりきや
とか。
| sjo k. | 2005/10/11 11:52 AM |
商人的事?永无止境.
| ?国食品网上商城 | 2016/07/28 12:58 AM |
コメント スル









トラックバックURL
http://blog.sjok.cutegirl.jp/trackback/337936
トラックバック
カレンダ
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
エントリ
カテゴリ
ツキゴト
コメント
トラックバック
リンク
プロファイル